車を売却する際に、ディーラー下取り依頼と、買取業者

中古車専門の業者のところに運び込むと、

車を売却する際に、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

近頃は、一括査定などを活用して、買取業者に売りに出す人が増えてきています。

でも、いつも買取業者の方がいい選択だとは限りません。

例を挙げると、決算期やお正月の下取りキャンペーンのときなどはディーラーに売った方がメリットが大きいこともあります。

車種の違いによって人気色も違う事をご存知ですか?トラックといえばホワイトが常に人気です。

ところが、それ以外の車種の場合、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。

売り上げの高い色、イコール、需要の高い無難な定番色が買取の現場でも有利という訳です。たとえ同じ色だとしても、パール系やメタリック系の色の方が、他のソリッド系よりも査定額が高くなる傾向にあるようです。メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。車の査定を申し込んだ場合、お金はいるのでしょうか?結論からいうと、お金は無料です。

基本的には、車の査定でお金を取ろうとする業者はありえないと考えてよいでしょう。

中でも、大手の車査定業者で費用が掛かってしまうところはありません。

けれども、業者によっては、査定料の請求をしてくる場合もあるので、用心して下さい。知人に聞いて「いいよ」と教えてもらったので、無料の出張査定サービスを呼んで車の売却を行った経験があります。

文字通り、無料で査定の人が出張してくれるサービスなのですが、その時の、出張してきた査定の人の作業の様子にすっかり見入ってしまいました。

見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、なにしろ丁寧かつテキパキと進んでいくのです。

わかりにくいところに古い小さなキズが見つかったのですが、言われて初めてわかったのでちょっとびっくりしました。「こんなのまで見つけるんだ、さすがプロの目はしっかりしている」と思いました。

ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。車の一括査定サイトの利用を考えている場合には、提携業者を確認しておきましょう。様々な一括査定サイトの中には、自分が暮らす地域に対応していないようなマイナー業者ばかりが目に付くといったこともありますし、売却する車種の買取を苦手としている業者さえあるのです。どんな業者が参与しているのかを見極めて、ご自分に合うサイトなのか判断をしてみてください。

業者による実車の査定においては車のメーカー、車種だけ見るのではなく、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも当たり前のこととなっています。

これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、もちろんエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、査定そのものに必要とされる時間は15分、あるいは30分位は必要だと考えておいた方が良いでしょう。

今まで使っていた車を買取業者に渡した後、新車が納車されるまで、期間が開くこともあると思います。買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。査定の際に手続きしておけば早めに代車を準備してくれることもあります。あるいは、新車のディーラーで代車を出すところも多くあるのでディーラーにも事情を話してみてください。

査定の額を高くする方法として、一番知られているのは洗車でしょう。車を綺麗に洗った状態で査定に臨むと印象が良くなり、査定額が上がります。

その際、ワックスも絶対かけておいてください。

それに加えて、車内の脱臭をするのもとても大切なことです。

ペットやタバコの臭いにより査定がマイナスとなるので、必ず脱臭しましょう。

中古車査定で売却したらいいのか、あるいは、ネットでの売却がいいのか、迷われている人はおられませんか?愛車を少しでも高く売却したいのはオーナーとしては当たり前のことなので、このような悩みを抱えている人はたくさんおられると思います。

結論だけ言うと、希少価値の高い車なら、ネットオークションでの売却の方が高く売却することができるかもしれません。