車の査定は出張査定をしても、

自分の車を査定に出すと、どの位の値

車の査定は出張査定をしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、稀に有料の場合があります。

その時は査定料として請求されるのではなく、出張料として請求される場合が多いです。

お金を請求するところが違法な業者という訳ではありませんが、余計なお金を払わないためにも、可能であれば無料査定のところを利用してください。

車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構多いです。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、きちんとした手続きを踏む必要があります。

それには名義人の印鑑証明書と譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。

また、その車がもし信販会社の名義でしたら、売却することはできませんので、ローンを返済し終えて個人の名義(所有)に戻せば売却することができます。

車の査定、買取業者へ中古車を売却した際には、自賠責保険からの還付金をもらうことができます。

どういうときに受け取れるかというと、自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上あるなら、還付となります。

実際、車の一時抹消登録や永久抹消登録をする際には、契約している自賠責保険会社より返金を受けることが可能です。

車を手放そうと考えているときは、忘れずに還付金をもらうようにしてください。