もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、中古

故障して動かない車だと買い取りはしてもらえないと考え

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、中古車買取業者の査定を受けて、売買契約が成立した後に値を下げるよう言われることもあるようです。

そんなことが起こっても、詳細を調べると不具合があったため買取額を安くしてくださいと言われたとしても、応じる必要はありません。

もしその欠陥を知っていて、契約前にあえて言わなかったのならだめですが、それとは違うのならきっぱりと減額を断るか、契約をやめましょう。

中古車買取というのは思ったより簡単なものです。

金額が決まると、中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せばあとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。

必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、最新の納税証明書です。

自宅にあるものばかりで、あらためて取得するのは印鑑証明書だけです。

それから、車のキーも用意しておいてください。

最後に代金が支払われますので、念のため口座を用意しておいてください。

銀行名、支店名、種別、口座番号が分かれば、通帳はなくて構いません。

実際に現物で査定をしてもらわなくても、一括見積サイトに売りたい車の情報を好きな時に入力するだけで、何件もの車査定業者に一括して概算となりますが査定額を提示してもらうことが可能です。

買取会社に買い取ってもらう良いところは、高価な価格での下取りが期待できることです。

愛車の相場を事前に調査して、少しでも高く売りましょう。