車両が事故にあっていた時、完

自分が今使っている車を処分する方法としてはいくつかをあげる

車両が事故にあっていた時、完全に修理をした後に査定をしても、事故にあう前に比べて査定価格が大幅に低下することを査定落ちと言われます。

格落ち、評価損ともよんでいます。

ちゃんと修理をして、性能に関しては問題がみつからなくても、事故車というマイナスの印象だけで査定落ちになってしまうこともあります。

事故で壊れた車は廃車にするより査定を受けた方がお得になるのは明らかです。

事故で故障した車には値打ちがないと推測するかもしれません。

でも、事故車であっても、使用できるパーツはたくさんあり、海外でのニーズが見込めるのです。

さらに、事故を起こした車でも専門業者が修理すれば再度乗れるようになるケースもあり、想像していた価格よりも高値で売却できる場合もあります。

車両を売却する際は、高額に買取をしてもらいたいものです。

その時に注意しておくことがあります。

それは、査定してもらう人に嘘を述べないことです。

相手は専門の査定士ですから、あなたが嘘を言ったことはすぐにわかってしまいます。

ウソを述べてもプラスにはたらくばかりか、イメージを落としてしまい、マイナスとなりうるのです。