二重査定制度というのは、

この間、インターネットの一括査定サイトで探し

二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度のこととなります。

咲いて業者に依頼を申し込んだとして、査定額の決定がなされたとします。

本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後に故障箇所や傷が見つかることもありますよね。

そういった時には、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更されることがあるのです。

車の査定を受ける際の手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。

そうすれば、中古車買取会社から入力情報を基にした査定額が出されますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実際に査定してもらいましょう。

査定の額が充分であると思ったら、契約を行い、車を売りましょう。

代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多いでしょう。

中古車買取店にかかってくる電話には「本人ではないのですが売りたい」という相談がしばしばあります。

妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。

実際には、自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、きちんとした手続きを踏む必要があります。

それには名義人の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、売却することはできませんので、完済して名義変更してからなら売却可能です。